スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の福祉

9月11日の授業は講義をしました!!

内容は
『犬の福祉』です♪♪

実は、私事ですが、先日東京へ行って参りました(^-^)
そして、動物の行動療法に長年携わっておられた方のお話を聞いて参りました。
そこで話題に出てきた“犬の福祉”の話をぜひ生徒に伝えたいと感じたので、私なりに授業へ取り入れさせていただきました。


ではでは、

犬の福祉って?

福祉=welfare=“幸せ”や“ゆたかさ”さを意味する

簡単に説明しますと、犬の福祉とは、犬にとって幸せで豊かな生活環境を考えること。

では、犬の幸せとは?

そのヒントとなるのが、Brambell's 5 Freedoms です。

イギリスで生まれた考え方で、動物(特に家畜)が安心して暮らせる為に必要な最低条件を5項目で表現しています。

1)疫病にならないことを保障
2)空腹や喉の渇き、栄養不良に陥らないことを保障
3)極端な暑さや寒さが不快にならないような環境を保障
4)物理的な動きの自由を保障
5)自然な行動を自由に表現できることを保障

↑↑簡単に表現されていますが、実はこの言葉には非常に深い意味をもった言葉がたくさん隠れているのです!

とにかく、まとめますと、

●最低条件をまずは、満たすこと。
●そして、より犬が犬らしくいられるような環境をつくること。(犬らしいとは何か?→犬のことを深く知る必要があります)
●行動のひとつひとつを分析し考えること。

このように、犬にとって何が安心に繋がるのか、何が幸福感に繋がるのか、何故そのような行動をとるのか、ということを“知る”“考える”“満たしていく”ことで犬の福祉の向上になっていくのではないか、という授業でした♪♪

今回の講義によって、もう一度生徒たちが犬に対して深く考えてもらえればと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

ドックケア

Author:ドックケア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。